忍者ブログ
サックス吹き ハンバーの演奏とラーメンの日々
知る人ぞ知る・・・桜上水の極太麺。

「進京亭」さんは夕方までの営業の上、不定休。
訪問ハードルの高いお店です。

桜上水駅から甲州街道に向けて北上、
ほぼ甲州街道との交差点に位置しています。

間口も狭く、一見が入りづらい雰囲気・・・
意を決して入ってみると、意外に(失礼!)きれいな内装に驚きました。
町の中華屋さんって往々にして店内環境には無頓着なのに、
ピカピカに磨かれたステンレスのカウンターがまぶしい!

されど、客層は予想通り。男性数名がカウンターで女将さんと談笑。
それでも居心地が悪いわけでもなく、いいお店です。

ここのラーメンは「上もの」が乗ってるほうがいいとの事前情報が
あったので、鶏野菜あんかけの乗った鶏肉そば、通称「とりそば」を注文。

夕飯までに時間が近かったので大盛りにしなかったんですが・・・
どどーん!見るからにボリューミー!!



スープは濃い醤油色ですが、透明度高し。あんかけと別にスープだけ
すすってみると、なるほど、獣系の主張が少ない実にあっさりしたスープです。

麺は・・・なんと太さが不均一の極太縮れ麺。これは個性的。
ゴワゴワした食感は二郎系に通じるものもありますが、舌触りがなめらか。
「名代 玉子入り手打ち麺」とありましたが、玉子の配合具合でしょうか・・・?

鶏肉野菜あんかけは、ピーマンや竹の子が入ってるあたり、
しっかりした中華料理の風情。具が多くて飽きません。

スープ、具は本当に町の中華屋さんといった感じで、濃厚さ勝負の
昨今のラーメン専門店とは一線を画していますが、
量と麺の個性から来るインパクトは大きいです。

PR
「東京一濃厚」を謳う、武蔵境の「きら星」さんに初訪問です。

初めは店の場所がわからなくてうろうろしてましたが、いきなり獣の臭いが!
「このあたりに違いない」と思って探したらお店がありました(笑)。
いやはや、いまどきここまで獣くさい豚骨臭がするスープは珍しい。

さて、ラーメンは大きな巻きチャーシューとキャベツの緑が印象的。
盛りに男らしさを感じます。



スープは店外の臭いそのままのワイルドな豚骨。
思ったほど粘度は高くなく、エキスと味の濃さを押し出したもの。
基本でニンニクが結構効いており、好みの風味です。

麺はゴワゴワ系の極太麺。
濃いぃスープにはやはりこれぐらいの麺じゃないと。

スープが濃いので、チャーシューは見た目ほどのインパクトはなく、
むしろ、箸休めになるキャベツと、その上に乗ってる「カツオ餡」が
アクセントになっています。
ちょっぴり入ってる玉ねぎもなんとなくいいです。

全体的にド乳化二郎といった印象でしたが、
パワフルな割に仕事が丁寧で食べてて楽しいラーメンでした。

某氏のご依頼で町田まで楽器選定の手伝いに。

頻繁に行く街ではないので、もちろんラーメン店をチェックのうえ
出かけましたが、二郎的な気分だったので、「ぎょうてん屋」を選びました。
もちろん、オーダーは二郎インスパイアの「ぎ朗」(笑)。

あーあ、見た目そのまま。野菜が型にはめられて盛られてるようですが、
色のついた極太麺とか豚(肉)のゴツさとか・・・



スープは半乳化の甘~いスープ。以外にカドがなくて飲みやすいです。
麺は、ヤキソバのごとく濃く色の付いた太麺。
ゴワゴワした食感は太麺系の二郎を彷彿とさせます。
やっぱり強力粉を使ってるんでしょうか。

食べ始めは「ふーん」程度の印象だったんですが、ニンニクを溶かしこんだ
あたりから印象が代わり、最後まで飽きずにいただけました。

二郎のようでいて、さにあらず。個性的な二郎インスパイア麺でした。

「ベジポタ」=ベジタブルポタージュつけ麺の元祖、
高円寺のえん寺さんに初訪問です。

ベジポタはつけ麺のみの提供で、ラーメンには
野菜ペーストは入らないとのこと。
→迷わず、つけ麺をチョイス。

見るからに粘度が高そうなスープと、胚芽入りの太麺が特徴的です。



麺は瑞々しさとゴワゴワかんが共存した食感で、
胚芽入りのおかげか風味が濃くておいしい。
スープなしで一杯いけるのでは?

スープはホントにドロドロ。
甘味が押し出されてますが、酸っぱすぎずいい感じです。
ラーメンには「甘味を抑えるため野菜ペースト不使用」とのことだったので、
甘味の元はりんごかと。
そして、意外に辛いです。唐辛子系の辛味が初めから付いてます。
食べつづけるとちょっと飽きてくるので、卓上のハバネロパウダーを少し投入。
これが、辛いっ!劇的変化でした。入れすぎ注意です。

見た目には強烈な「盛り」に見えますが、実は麺の丼の底に
すのこが敷いてあり、上げ底になっています。ちょうどいい麺量。
そして、麺の盛りに合わせてスープの量を調整してくれています。
大盛食べてる途中にスープ切れ…っちゅうことがないように配慮されてて
嬉しいです。

さすがは、つけ麺トップランナーの一角。
似たようなつけ麺が多い中、しっかり個性を出してるあたりがさすがです。

渋谷O-EASTでのライブ観戦帰りに軽く寄りました。
ちょうど会場の裏手になります。

つけ麺店なので、つけ麺をオーダー。
麺はストレートの中太とちぢれ極太を選べたので、後者で。



浅草開化楼の麺。全粒粉が入っていると思われ、ワイルドな小麦風味と
コシのある食感がいい感じです。

スープは甘スッパ系。ゴロゴロと角切りチャーシューが沈んでおり、
メンマとネギはほどほどの量。

全体的に「やすべえ」を思わせる作り。テーブルに魚粉置いてるし。
ちなみに、麺はこっちのほうが好みです。

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

<< 前のページ HOME 次のページ >>
自己紹介
Hamber(ハンバー)

性別:
男性
職業:
自営業
趣味:
ラーメン
兵庫県出身、東京在住のサックス吹きです。

自己のバンド「漂流ワゴン」を率いつつ、
いろんなバンドやレコーディングに参加しています。

Twitter>
@sax_hamber
ブログ内検索
バーコード
Sax Player - Hamber - ラーメン雑食記アーカイブ Produced by Hamber(ハンバー) 
忍者ブログ [PR]
Designed by ninja-blog.com