忍者ブログ
サックス吹き ハンバーの演奏とラーメンの日々


火曜は流しそうめんの片づけで四谷へ。
昼過ぎというか、おやつの時間に近い出発だったので、
少し足を伸ばして市ヶ谷の行列店「くるり」を初訪問です。

外堀通り沿いを飯田橋方面に走ると、行列ができている店が
忽然と姿をあらわします。
間口も狭く、看板も出ていないので、行列がないとお店の存在にすら
気付かないでしょう。

そこが、日本屈指の濃厚味噌ラーメンを出すといわれる「くるり」です。
今回は変な時間帯だったんで、店外2名・店内3名の待ちでした。

店の出入り口は開け放し、エアコン未稼動という環境なのに、
ほとんどのお客さんはラーメンを食しています。
ラーメン・つけ麺を併売している店としては珍しい光景です。
もともとはラーメン派の自分としては期待が高まります。

さて、ココのんも中華鍋で野菜を炒めてからそこにスープを投入するタイプ。
ストロングスタイルと呼ばれる王道です。

もやしとニラがスープと共に麺の上に注がれ、その上に白髪ネギ、
ラー油が注がれます。巻きチャーシューが1枚。味玉はトッピングです。

スープをひと口。
「?」 さほど個性を感じないスープ。
合わせ味噌で甘ったるくなく、濃厚なトロみ。
初めの印象は「美味い味噌鍋の煮詰まった残り汁」でした。

麺は黄色い平太麺。味噌一や味源などで味わえるタイプの麺です。

とにかく、何口めかまでは「ふ~ん」って感じで食ってました。

しかし、食べ進むうちにココの凄さが分かってきました。
「飽きない・・・!!このまま食いつづけたい。」
初めにインパクトがなかっただけに意外でした。

なんというか、もやしと一緒に麺をワシワシ食べてるうちに、
スープのまったり感に洗脳されていく感じです。濃度というより、粘度。
トロみの質が飛びぬけて魅力的であることに気付きました。

骨髄から炊き出されたコラーゲンもさることながら、野菜ポタージュ、
背脂の乳化、味噌、全てが渾然一体となり他では味わえないトロみ・・・
「渡なべ」の粘度に通じるものを感じます。

味そのもののインパクトよりも立体的に説得力のあるスープ。
いやはや、おどろきました。

汗だくで食べ終わって、外で涼みます。汗は思ったより早く引き、後味もさわやか。
ガム食ったら忘れてしまうほどで、腹にももたれません。
しかし、夕方には喉が渇いて仕方がない・・・結構しょっぱかったんですね。

なんだか不思議な体験をしました。これは、要再確認です!



PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
自己紹介
Hamber(ハンバー)

性別:
男性
職業:
自営業
趣味:
ラーメン
兵庫県出身、東京在住のサックス吹きです。

自己のバンド「漂流ワゴン」を率いつつ、
いろんなバンドやレコーディングに参加しています。

Twitter>
@sax_hamber
ブログ内検索
バーコード
Sax Player - Hamber - 味玉みそらぁめん大盛@麺処くるり Produced by Hamber(ハンバー) 
忍者ブログ [PR]
Designed by ninja-blog.com